関節痛と頭痛

関節痛と頭痛の関係とは?どちらも予防できる病気なので日頃から心がけることが大切です。 - 中年になったら肩の関節痛に気を付けよう

中年になったら肩の関節痛に気を付けよう

四十肩に五十肩、何歳になっても肩の関節痛は避けられそうにありません。とはいえなぜ肩が痛くなるのか、必ず原因があるはずです。日本人の国民病とも言われる肩こりを甘く見てはいけないようです。

パソコンやスマホの使い過ぎです

肩が痛くなるには理由があります。現代人であればパソコンやスマホの使い過ぎです。同じ姿勢を長時間続けていると、関節周囲の筋肉が緊張します。それが血管や神経を圧迫します。そうして肩こり、首の痛み、頭痛などへ進展することが稀ではありません。
昨今最も心配されるのは、スマホです。スマホを眺める際、手が安定していません。これが肩に負担をかけています。また頭が下を向いていませんか。これも首から肩にかけての筋肉へ多大な負荷をかけています。

運動療法やストレッチがおすすめです

肩が上がらない、回せないなど関節痛が辛くなったなら、もちろんその前に、正しい治療を受けましょう。素人判断をせず、医者に相談するのがベストな方法です。
肩の関節痛も、そのほとんどは周りの筋肉における炎症です。軽度であれば筋肉をほぐす運動療法やストレッチ、温熱療法などがあります。重症化すれば手術が適用されることも稀ではありません。軽症なほど治りが早くなります。無理は禁物です。

適度な休憩こそが最大の予防法です

家事や仕事で忙しいとしても、1時間に10分程度の休憩をすべきです。無理のない範囲で体操やストレッチをしましょう。息を吐きながら伸ばしていくのが基本です。筋肉の凝りを解すことが肩痛を予防する鉄則です。
なお肩こりを甘くみてはいけません。そもそも原因が何なのか明確にすべきでしょう。精神的なストレスから肩に力が入りすぎている可能性も否めません。身体全体を脱力させてリラックスできる時間を作りましょう。

気を付けましょう

日頃から肩こりに悩んでいるならば気を付けましょう。それがいつ痛みに変わるかわかりません。仕事であっても適度な休息やストレッチをして予防に努めましょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 関節痛と頭痛 All Rights Reserved.