関節痛と頭痛

関節痛と頭痛の関係とは?どちらも予防できる病気なので日頃から心がけることが大切です。 - 関節痛で一番多いのは膝かもしれません

関節痛で一番多いのは膝かもしれません

テレビCMでは膝痛に効きそうな薬やサプリメントの宣伝が多々行われています。それだけ膝の関節痛で悩んでいる人が多いのかもしれません。ではなぜ膝が痛くなるのでしょうか。メカニズムを知って予防に努めましょう。

膝の痛みは老化が原因です

重篤な病気が隠れている可能性も否めませんが、膝が痛くなる原因の多くは老化です。どんな物でも長く使っていけばボロボロになります。それと同じことです。ある意味では諦めが肝心です。
最も一般的な変形性膝関節症は、軟骨がすり減ることで生じます。もちろん運動による怪我も心配です。一方で歩き方が問題になることも少なくないようです。極端なO脚や内股の場合には、骨や関節が曲がっているかもしれません。

整形外科を受診しましょう

実際に膝痛が起きたらどうするか。素人判断は止めて整形外科を受診しましょう。思わぬ病気があったら心配です。原因を突き止めて、医師の指示に従いましょう。炎症が起きていれば、薬を使った治療法があります。
重症化すれば手術や人工関節のお世話になりますが、軽度の間であれば温熱療法や運動療法などが試せます。関節痛に限りませんが、ちょっとの違和感がある時から治療を始めることが大切です。

軽度な運動が予防には適しています

膝の痛みがないからといって安心してはいけません。それは突然やってきます。そのため中高年になったなら無理をしないことです。とはいえ軽度な運動を続けて関節周囲の筋肉を鍛えることは関節痛の予防に適しているようです。
完璧な予防法はありませんが、正しい姿勢で毎日歩くことは有効です。高齢者でありがちですが、長時間の正座はおすすめではありません。椅子を使うなど日々の生活において膝を労わってあげましょう。

気を付けましょう

膝の関節痛は老化が主な原因です。もちろん若々しい身体を若い間から築いておくべきですが、無理はいけません。気を付けましょう。大切なことは医師の指示に従って、適切な治療を続けることです。

関連する記事

    None Found

Copyright(C)2017 関節痛と頭痛 All Rights Reserved.