関節痛と頭痛

関節痛と頭痛の関係とは?どちらも予防できる病気なので日頃から心がけることが大切です。 - 指の関節痛なら関節リウマチを疑おう

指の関節痛なら関節リウマチを疑おう

手足の指がスムーズに動いていますか。少しでも違和感や痛みがあれば早めに医師と相談しましょう。特に女性は関節リウマチが心配されます。今なら有効な薬もあります。1日の遅れが大きな結果を招くこともありますよ。

関節リウマチは自己免疫疾患です

関節リウマチの名前は良く知られています。とはいえ明確な原因はわかっていません。自己免疫疾患の一種ですが、なぜ自分を攻撃してしまうのか、メカニズムは不明です。中高年の女性に多い関節痛の一種と言われますが、誰でも罹る可能性はあります。
主な症状は、微熱が続いたり身体がだるく感じます。そして典型的なのは、朝起きた際に手の指がこわばる、動かしづらくなることです。初めは一過性であり直ぐ消えますが、それこそが重要なサインです。見過ごしてはいけません。

有効な治療薬があります

かつて関節リウマチのイメージは、治らない病気、かもしれません。痛みを止めるなどの対症療法しかなかったのは事実です。とはいえ今なら有効な治療薬があります。完治は難しいですが、症状をかなり緩和させることができます。
もちろん重症化すれば手術という選択肢もあります。一方でリウマチ体操など手足を動かすリハビリもあります。諦めなければ治す方法はあります。今後も新しい治療法の登場が期待されています。

違和感を見逃さないことが大切です

自己免疫疾患を予防することは難しいでしょう。とはいえ中年女性に多いので、その年代になれば小さな違和感を見逃さないことです。遺伝の可能性も捨てきれないので、家族に患者がいれば、注意しておきましょう。
もちろん過度に心配する必要はありませんが、正しい知識を身に付けましょう。それこそが最大の予防法かもしれません。朝ちょっと指に異変を感じたら、間違っていても良いので医師と相談しましょう。そうした心がけだけでも予防につながります。

気を付けましょう

小さな違和感を覚えたら気を付けましょう。それは関節リウマチのサインかもしれません。完治は難しいかもしれませんが、生活に支障がないレベルまで改善させることができます。勇気ある一歩を踏み出しましょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 関節痛と頭痛 All Rights Reserved.